実施状況報告書をアップしました。

イノベーション対話促進プログラム実施状況報告書

首都大学東京で実施したすべての対話型ワークショップの概要と、アンケート結果をまとめています。

 → 【首都大学東京】実施状況報告書

 
他大学のイノベーション対話促進プログラム実施状況報告書および開発されたイノベーション対話ツールは、下記の文部科学省のホームページに掲載されています。
他大学の実施状況報告書
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/1347909.htm
イノベーション対話ツールの開発
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/1347910.htm

056

 

 

 

第6回対話型ワークショップを開催しました。

日  時
平成26年2月27日(木) 18:30~21:30
場  所
首都大学東京 日野キャンパス 2号館 405教室
参加人数
30名

プログラム

時間 内容
18:30~18:40
本日の進め方
18:40~19:00
ワークショプ① (課題についての情報共有)
「ビジネスモデルを現実化・具体化するために必要となる新技術・
新インターフェイスとは?」
19:00~19:20
ワークショップ② 「イノベーティブな新インターフェイスとは?」
19:20~19:40 
成果発表
19:40~20:40
ワークショップ③ (第1回~第6回の振り返り)
「イノベーションを起こす対話型プロジェクトのあり方」
20:40~21:00
アンケート記入

第6回は、第5回の議論に引き続いて、アイディアを実現する具体的な製品・サービスについて話し合い、イメージ画に基づいてグループ毎に発表を行いました。

各グループの成果

  1.健康データを自動取得・リアルタイム管理できるサービス
     ~あなたの肝臓はセコム指定ますか?
  2.旅行を五感で感じることができる疑似体験シアタードーム
 
     ~入院中・要介護状態でも旅行に行けるんです~
  3.音楽から目的地を検索&案内してくれるサービス
     ~目的地がなくても大丈夫。曲を選ぶだけでお出かけできます~
  4.次世代型パーソナルモビリティ
     ~これがあれば安全・安心な個人旅行が思いのまま~